薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、裸足であるけるクラピア、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

薪とともに

薪ストーブライフ ガーデング  アウトドアについて書いているブログ
  • 無垢材の床に蜜蝋ワックスを塗ってみた
    クラピアの成長記録
    ジビエや狩猟に興味がある人が見るべき動画 カリギュラです
    ロゴスの新作を紹介
    岸和田だんじり祭はここがスゴい
    薪ストーブライフの薪割りに必要な道具一覧 初心者は必見
    クラピアを植えたその後の記録をまとめてみた

    ドメイン更新料を比較してみる

    f:id:Suiten:20170214120518p:plain

     Google アドセンスを受けるための条件として、独自ドメインの所有が必要となっています。 

    この独自ドメインを取得する費用を比較するサイトは多いですが、ドメイン更新料について書いているサイトは少ないです。そこで、今回はドメイン更新料について調べてみました

     

    なぜドメイン更新料を調べるのかというと、独自ドメインは取得にかかる費用と、それを維持するための更新料が発生します。ドメイン更新料とは、所有するドメインを維持する費用のことを呼びます。このドメインを維持し続けるということは、ずっと継続した支払いが続くことを意味します。

     

    ブログを始めて、ドメイン取得について調べることは多いとは思いますが、長期的にブログを継続していくためにはドメイン更新料も注意しておいたほうが良いと思います。

     特にランニングコストに関わる点なのでドメイン取得時にも頭に入れておくと良いと思います。

    ドメイン更新料が高い場合は、ドメインを移管して新たしい会社との再契約を行うことになります。

     

      

     ※情報が古くなっていたり、表記に誤りがある場合は教えてください。速やかに記事を更新したいと思います。

     

     

     記事執筆時期 2017.2月 2017.9更新 2018.7更新

     

     

    目次

     

      

    ドメイン更新料とは?

    独自ドメインは契約年数を更新するたびに更新料がかかります。

     

    会社によっては独自ドメイン取得にかかる費用が格安になることがありますが、この場合は更新料のほうが高い傾向があるようです。

    契約先によっては、長く契約を続ければ続けるほど更新料は高くなることがあるので注意が必要です。

     

    携帯電話と同じで、契約時はキャンペーンで1年は安い設定になっているところがありますが、更新料は一定のままが多いのが現状です。釣った魚は逃さないという戦法で多くの方は更新料の見直しは少ないようです。

     

     

    ドメイン更新を忘れてしまうとどうなるの?

    ドメイン更新を忘れてしまうと、そのドメインが使えなくなります

    独自ドメインが使えない間は、アクセス(閲覧)ができませんので、収益を得ている人は収益が途絶えてしまいます。また、その間のGoogleなどの検索サイトのアクセスができなくなるので、検索順位も下がってしまうでしょう。

     

    単なるアクセスが制限できなくなるというだけではなく、すぐに復旧できるかは契約会社によってさまざまです。 

     

     

    契約会社によってはある程度、更新日から過ぎても、すぐに入金手続きなどを行うと救済的に復活させることはできますが、追加で復元料金を支払う必要があります。

    一定期間にアクションを起こさないと重大なことになってしまいます。

     

     

    ドメイン更新をの手続きをしないと・・・

    一定の期間が過ぎてしまうとそのドメインを使用する権利を完全に失うことになります。

    すなわち、お金を積まないとそのドメインを使用する権利が他人に移る可能性が生まれます。そのシステムを一般的にドメインオークションと呼ばれるものがあります。

     

    その後、そのドメインはオークションに出されると、高額で取引されることがあり、一度でも他人にその権利が移動すると取り返すことができなくなります。 

    下の写真は、更新期間を過ぎたドメインがオークションに出されている一覧になります。

    f:id:Suiten:20170211233007p:plain

    このような状態になると更新料より高いお金で取り返すことになります。

     

    もし、他の人の手に渡ると、使用する権利はなくなってしまいます。 

    このため、必ずドメインを更新することに注意をしましょう。

     

     

    ドメインの期限切れを予防するためには?

    ドメインの有効期限が切れないようするため、対策を講じておくと良いでしょう。

    ドメインの使用権利を維持するためには、多くは以下の方法によって予防することができます。

     

    ドメインの自動更新: 毎年ドメインの有効期限が切れる前にドメインを自動的に更新する設定をしておきましょう。自動更新の設定が行われると、指定のお支払い方法で請求が行われます。これらによってドメインを自動的に更新することができ、更新し忘れを防ぐことができるでしょう。

     

    複数年契約・追加: ドメイン登録期間に手動で複数年の契約を行います。契約した数年は更新手続きが不要になるのでオススメです。

     

    これらが更新し忘れを防ぐ対策になりますが、どちらもまとまった費用が必要となるので、多くの人は毎年の更新手続きを行っているようです。

    ブログやホームページのPVが安定しているならば、複数年契約や自動更新に変更していくのが良いと思います

     

    これら自動更新や複数年契約は会社によって様々なので、自分の契約している会社の契約方法を確認しておきましょう。

     

     

    ドメイン更新料を比較してみる 

    さて、ここから下は、各会社のドメイン更新料をみてみましょう。

    それでは個別に見ていきますよ。

     

     

    お名前.COM 

    f:id:Suiten:20170915231752p:plainf:id:Suiten:20170915231740p:plain

    お名前.COMは、ドメイン取得料が安いのが特徴です。 

     

    多くのドメイン更新料が1年契約の更新制となっていますが、最高9年の更新料を一気に支払うことができます。

    特に複数年契約をすることで格安になるわけではありません。複数年契約のメリットとしては、ドメイン更新料の値上げに悩む必要がありません。ドメインは年々枯渇していくことになるので、更新料は増加する可能性があります。

     

    1年更新制のドメイン更新料の会社では、今後の値上げがあった時には従わないとならなくなるので、お金があるうちに今のドメイン更新料で満足しているならば複数年契約がいいかもしれませんね。

    更新し忘れも防ぐことができるので、長期のドメイン契約を考えているならば、お名前.comが良いかもしれませんね。

     

     

    お名前.COMに興味ある方はこちらかどうぞ

     

    さくらインターネット

    f:id:Suiten:20170211145939p:plain

    http://www.sakura.ne.jp/domain/flow2.html

     

    こちらは新規取得費用と更新費用が同じで上がっていくことがありません。料金の提示も明確でわかりやすいと感じました。移管費用も同額となっているのも特徴的ですね。

     

     さくらインターネットについてはこちらからどうぞ

     

     

    ムームードメイン

    f:id:Suiten:20170915232358p:plain

    https://muumuu-domain.com/?mode=price

     

    ムームードメインは、前よりドメイン取得料が若干安くなっていました。

    こちらでは取得費用と更新費用が同じように提示されています。明瞭会計なので好感を持てます。

    ドメイン取得費はまちまちですが、維持費としては1280〜1480円が多いですね。

    こちらも長期で割高にはなっていかないのでランニングコストとしては把握しやすいです。

     

    ムームードメインはこちらから 

     

    ちなみに私はムームードメインを利用しています。 

     

    スタードメイン

    f:id:Suiten:20170915232621p:plain

    http://www.star-domain.jp/price/all_list.php

     

     スタードメインでは取得と更新が併記されているのでわかりやすいですね。

    ドメイン更新料はおよそ1.5倍くらいですが年々高くなることがないので安心です。移管と更新が同額で1780円が多いと感じます。

     

    スタードメインについてはこちらからどうぞ 

     

     

    名付けてねっと

    f:id:Suiten:20170211135212p:plain

    ドメイン料金表|ドメイン取得は名づけてねっと

     

     名付けてネットでは一年間がおよそ3600円、二年契約となると7000円という感じで契約年数によって割引があります。

     

     

     

    バリュードメイン

    おそらく更新料が高くなることはないようです。一定の料金を維持するタイプになります。およそ1300円〜1500円が多いと感じました。

    f:id:Suiten:20170915233046p:plain

     

     バリュードメインについてはこちらからどうぞ

     

     

     

    毎年更新か複数年契約のどちらがいいのか

    以上のようにドメインの更新には、毎年更新するタイプと複数年契約するかのいずれかになります。

     

    一年ごとの毎年更新料を支払うか、複数年契約のどちらかが優れているかは一概にはいえませんが、以下の複数年契約ではメリットがあるでしょう。

     

    複数年契約のメリット

    • クレジットカードの期限切れなど、支払い時の不備がない
    • ネット全体のドメイン更新料の高騰を恐れなくて良い
    • 会社によっては、複数年契約の方が割安となっている

     

    つまり、ドメイン更新料を一気に支払うと、更新料を支払い忘れを防止することができます。

     

    複数年契約のデメリット

    • ドメイン更新料が下落した時には高い料金を支払っていることになる
    • 数年後にドメイン更新料を支払うことがあり、更新料の手続きを忘れてしまう
    • 会社が倒産してしまうと複数年契約が解除になる可能性

     

    複数年契約を実施している会社は、お名前.COMになります。

    お名前.COMはドメイン取得も安いのでおすすめです。興味ある方はこちらかどうぞ

    まとめ

    ドメインは一度取得すると変更することが少ないので、ドメイン取得料金と更新料を考えてましょう。

    とりあえずドメインを取得するという目的では、格安のドメイン取得料金だけを考えずっと更新を考えている場合は更新料も含めて考えると良いでしょう。

     

    お金に余裕が有るときにには、複数年契約のドメイン更新料のほうが手間が減ってよいかもしれませんね。

     

     

    ブログをはじめて初期投資は抑えたいですが、長い目でみるとそれなりに、ドメイン取得の料金はある程度お金かかったほうが最終的にはお得になるようです。

     

    更新料のまとめとして、年々、ドメイン更新料が上がっていくところは少ないようですね。年間1500円くらいが標準でしょうか。今回調べてみて勉強になりました。

     

    最終的に私はムームードメインで独自ドメインを所得しました。

     

     

     

    追記

    情報に誤りがあり、更新しました。ご迷惑をおかけしました。