薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

薪とともに

薪ストーブライフ ガーデング  アウトドアについて書いているブログ
  • 無垢材の床に蜜蝋ワックスを塗ってみた
    クラピアの成長記録
    ジビエや狩猟に興味がある人が見るべき動画 カリギュラです
    ロゴスの新作を紹介
    岸和田だんじり祭はここがスゴい
    薪ストーブライフの薪割りに必要な道具一覧 初心者は必見
    クラピアを植えたその後の記録をまとめてみた

    クラピアの花が咲いたのでいつ花が咲くのか考えました

    こんにちは、今回はクラピアに花が咲いたのでそれのご報告をしたいと思います。


    2018年5月20日、白くて小さな花が、いくつも開花しました。

    クラピアの花

    クラピアの花

    クラピアの葉はまだまだ少ないので、匍匐した茎が見えています。その状態でも花が咲き始めました。

    我が家の品種はK5で、花色は薄ピンクとなっています。

     

     

    気温とクラピアの花

    最近の最高気温は20度を越えた日が続いたので、これがひとつのサインじゃないでしょうか。また、最低気温も一桁にならないので、やはり暖かくなると開花するようです。

     

    このあたりが目安ではないでしょうかね。

     

    東京の平均気温

    太平洋側では、5月を過ぎると、最高気温は20度を越え、最低気温は10度以下になることが少なくなります。

    また日照時間も朝6時から、夕方も19時くらいと日照時間が長いのも影響してるんだと思います。

     

    方角と花の開花について

    我が家の家では、東西南北にクラピアを植えています。

    日照時間長い南側のほうが成長速度が早く、北側は一番遅いようになっています。

    やはり、花が咲いた場所は南側なので太陽の光が入りやすい場所から咲き始めるようです。

     

     

    方角的に日照時間が短いところでは、まだ開花していないようなのでやはり日照時間が花の開花には関係があるのだと思います。

     

     西側のクラピアの状況

    f:id:Suiten:20180521182736p:plain

    西側はクラピアの葉がモサモサした状態です。去年は刈り込みをしなかったのでぼうぼうに生えたままとなっています。葉自体はかなり活性しているようですが、花は一輪も咲いていませんでした。

     

    f:id:Suiten:20180521182758p:plain

    北側はまだまだ葉も生えているのが少なくて、日照が少ないことが影響していると思いますね。

     

    f:id:Suiten:20180521182024p:plain

    まだまだ葉が十分でないですが、花が咲くとやはり気持ちいいものですね。

    夏に向けてもっと花が増えると思いますのでまた書きますね。

     

     

     

     

     

     

     

    クラピアを植える時期は梅雨の時期が一番最適でしょう

    f:id:Suiten:20180518205837p:plain

    こんにちわ、今回はクラピアを購入する時期がいつが適しているか書いてみたいと思います。

     

    まず、公式のホームページでは4月から9月が植栽適期となっています。

    f:id:Suiten:20180518205145p:plain

    これはクラピアの生育するための温度から見た点では4月から気温があがってくることから春〜夏となっているようですね。

     

    冬のように気温が低い状態だとクラピアは成長はなく、枯れたような感じになっています。つまり、気温が低い期間では、冬眠したようになり植えても成長が見込めないということですね。

     

    公式ホームページでは、この植栽適期以外での販売を停止しているのはこの理由でしょうね。

     

     

    f:id:Suiten:20180518210437p:plain

    また、日光が少ない北向きの土壌では南向きと比べると生育速度は遅いです。写真は気温が20度を越えた時期ですが、日照時間が短い建物の影になっている北側の写真です。

     

    つまり、方角や日照時間が短いところへの植え付けは、5月以降のほうがよいでしょう。

     

    日照時間が短い場所に、クラピアを植えてもなかなか成長しなかったですが、梅雨の時期を越えたことからぐんぐんと伸びていくように感じました。

     

     

     

     

    成長のカギは気温と水

    個人的にはクラピアが植えた土壌に定着するためには、水の管理が大事と感じます。

    ですので、クラピアを購入する時期や、増やす時期には梅雨の時期が一番良いと感じます。

     

    なぜならば、梅雨は雨が多く土壌に水をたくさん含むことになるからです。

    これによって適した気温と十分な水を含んだ土壌によってクラピアはぐんぐん育つでしょう。

     

    もちろん、7月や8月でも、クラピアを植えることでもしっかりと水をあげていれば問題なく定着するようですが、2日も水をあげるのを忘れると、クラピアは干上がってしまうことがあります。

     

    梅雨以降の時期に、クラピアを植える時や、増やす時は定着するまでしっかりと水やりをわすれないようにするとよいでしょう。 

     

     

    f:id:Suiten:20180518210808p:plain

    結論!クラピアの購入を考えている人は今が購入に適した時期ということでしょう。

     

     

    今年のゴールデンウィークは薪棚を修理しました。

    今年のゴールデンウィークは、

    冬の間に薪を消費して、薪棚が傷んできたので修理をしました。  

     

    f:id:Suiten:20180506204428p:plain

    許容範囲を超えて、薪を積んでいたので危ないので修理をすることに。。。

    原木があっても薪棚がないと困ってしまいますよね。

     

    前回の記事では薪棚を新しく作ったので、今回はできるだけ古材を作って補修です。

     

     

     

    この春は薪棚をふたつも作ったのでだいぶ慣れてきました。

    f:id:Suiten:20180512164959p:plain

     

    作った経過はこちらの記事でどうぞ

    www.makitomo.net

     

    今回使用するシンプソン金具はいつもどおりシンプソン金具のリジットタイ RTC2Zを4つ使用しました。

    f:id:Suiten:20180512163412p:plain

    写真は前回購入したリジットタイ RTC2Zになります。同じものですが今回は4つ使用しています。

    f:id:Suiten:20180512163817p:plain

    3棚目と4棚目を連結していますが、このコーナーにリジットタイ RTC2Zを利用しました。

    f:id:Suiten:20180512164029p:plainsimpson金具のリジットタイ RTC2Zを使うと棚の剛性が高まります。

    さらに、薪棚の連結部にリジットタイ RTT 12を使用しました。

    f:id:Suiten:20180506203734p:plain

    T字の金具は他にもありますが、こちらはツー・バイ・フォーの短い面の固定に適しています。

    f:id:Suiten:20180512164309p:plain

    既存の廃材を利用したので、やや木材がたわんでいますがリジットタイ RTT 12を使用することでガッチリとしています。

    f:id:Suiten:20180512163651p:plain

    棚にあった薪を移動させながらの作業になるのでなかなか重労働です。

      

    f:id:Suiten:20180506203718p:plain

    棚受けになる部分は廃材を打ち付けて使用しています。 

     

    f:id:Suiten:20180506203852p:plain

    これでやっと持ち帰ってきた原木を収納することができます。

     

    f:id:Suiten:20180512164051p:plain

    ズラッと薪が収納されると圧巻の薪棚の完成です。 早く薪割り機を修理しないといけませんね。

    f:id:Suiten:20180512165052p:plain

    化粧板をまだ張っていないので、屋根が丸見えの状態ですが時間があれば完成させたいですね。。。。

     

     

     

     

     

     

    今週のお題「ゴールデンウィーク2018」

    素人が作る薪棚 シンプソン金具で6棚目の薪棚作りに挑戦しました

    f:id:Suiten:20180430120620p:plain

    5棚目の薪棚は、シンプソン金具で薪棚を作り、ひとまず完成しました。この春は大量の薪をもらうことができたので、さらにこれらの薪を収納するスペースが必要となりました。

    前回の記事では薪棚(5棚目)を作った工程を紹介しましたが、その流れで6棚目を一気に作ったのでその紹介です。

     

    今回は写真が少ないですが、さすがに慣れてきたので雑感を交えて書きたいと思います。詳細な薪棚を作る工程については過去の記事を参照してくださいね。

     

     

    前回に完成した薪棚(5棚目)の工程はこちら

     

    www.makitomo.net

     

    f:id:Suiten:20180430110613p:plain

    新しく完成した薪棚(5棚目、左)に薪を移動させました。隣にあった薪を移動させただけです。

    今回は、その隣の薪棚を新しく作り直したいと思います。理由は金具を使わずに薪棚を作っていただけなので安定度が低く、いずれは修理しなければならないので一気に作ってしまおうと思ったからです。

     

    薪棚作りの失敗は成功のカギとなります

    www.makitomo.net

     

    続きを読む

    初心者でもわかる薪ストーブライフのシーズンごとの流れ

    f:id:Suiten:20180210192628p:plain

    今回は薪を中心とした薪ストーブライフの年間の流れをご紹介します。また、原木を得る際の注意点なども書いてみました。

     

    • 薪ストーブの一番のメリットと薪の消費量
    • 薪から考えた薪ストーブライフの流れ
    • 山に入るリスクを理解しておく
    • 12月〜3月の薪集め
    •  3月〜5月の薪集め
    • 6月〜10月の薪について 
    • 薪棚の整理術
    •  〆

     

     

    薪ストーブの一番のメリットと薪の消費量

    薪ストーブの一番の目的は暖を取ることでしょう。この暖かさを得るために年間の動きがあります。暖かさを得るためには必ず燃料が必要となりますが、薪ストーブの燃料はその名前の通り薪になります。

    f:id:Suiten:20180210192800p:plain

    薪ストーブは1日中焚いているとかなりの薪を消費します。使い方や木の種類によってある程度は変りますが、大量の薪を消費することに変わりはないでしょう。

     

    薪から考えた薪ストーブライフの流れ

    薪を中心とした薪ストーブライフを考えると、冬の間は薪を消費する時期となります。

    備蓄していた薪を一気に燃やして消費する時期となります。後で紹介する乾燥した薪を消費する時期となります。薪をケチってちびちびと燃やしていると、不完全燃焼を起こしてしまいがちなので、薪は大量に焚きましょう。

     

    続きを読む

    シンプソン金具を作った初心者でも作れる薪棚を作った感想

    f:id:Suiten:20180413225134p:plain

    薪棚の基礎から作り直した薪棚作りの紹介もあと少しです。5棚目となる薪棚作りでは束石を使って土台はしっかりとしましたが、本体の強度が大事です。

    初心者が作れる棚になりますが、強度を出すためにシンプソン金具を使いました。金具を使うと簡単に強度を保つことができるので使ってよかったです。

     

    ずっと紹介していた薪棚作りも最終段階に入ります。

     

    • 塗装で木材の劣化を防ぐ
    • 木材をカットする
    • 薪棚のイメージ図
    • シンプソン金具の一覧
    • シンプソン金具 RTC2Z リジットタイ
    • RTF・RTTリジットタイ・フラット
    • LUS ダブルシェアハンガー
    • シンプソン金具を使った外枠が完成 
    • 薪を入れる棚を作る 
    • 最終完成

     

    続きを読む

    薪棚の基礎を作るため束石を設置しました

    f:id:Suiten:20180404203157p:plain

    今までの失敗を活かしての薪棚作り1日目、古くなった薪棚を撤去して穴掘りをしました。薪棚は梁を水平に柱を垂直に作らないと、重量がある薪を載せると歪みが生じてしまいます。

     

     

    f:id:Suiten:20180403203943p:plain

    写真は3年ほど前に作った薪棚になりますが、重量がある薪を何度も乗せたり下ろしたりしているうちに歪んでしまいました。素人が作った薪棚ということがわかりますよね。金具を使用せず、筋交いを組んでいないと、冬の間に徐々に薪を消費しているうちに後方に傾いてしまいました。

     

    薪棚とは、重量のある薪を長期間保存するための保管庫であることから基礎をしっかりとしないと必ず歪みが生じてしまいます。何度も薪を上げ下ろししているうちに保管庫のバランスも崩れてしまうのでしっかりとした基礎が重要ということを感じました。 

     

    このため、今回の薪棚作りでは基礎から見直して、しっかりとした土台から作ることとしました。

     

    束石で基礎を作る

    建物は必ず基礎がないと、木材が腐食したり建物が安定しません。今回の失敗はそのことを気付かせてもらいました。

    f:id:Suiten:20180403202555p:plain

    過去に作った2〜5棚までの基礎は、レンガを下に敷いただけの簡易なものにしていました。割れなどは生じず大きな問題はなかったのですが、もっとしっかりとした基礎をしたほうが良いと思います。

    地上からの高さもあまりないので、腐食も目立ちませんが塗装が落ちていることがわかります。これでは数年で土台から歪みが生じてしまいます。

     

    このため、今回はツー・バイ・フォー束石を購入して、きちんとした基礎を作ってから薪棚を作ることにしました。

    f:id:Suiten:20180403202726p:plain

    束石について調べてみると、いろいろなタイプがあります。私の薪棚は主にツー・バイ・フォーで作成しているためツー・バイ・フォー束石を選択しました。

    束石は直接地面に置いても良いみたいですが、今回はしっかりと穴を掘って束石を埋めることにしましたよ。束石はおおよそ20センチの正方形、深さは10センチほど穴を掘って設置することにします。

     

    今回は水糸を張ってしっかりと真っ直ぐを測定しました。水平に見える土地も測定すると斜めになっており、直接束石を置くとどうしても水平が取れないため穴を掘って水平器を使って水平を取ります。

    f:id:Suiten:20180403202714p:plain

    水糸を張って、しっかりと縦に並ぶように設置します。穴を掘るのがとても大変でスコップだけでは難しいでしょう。人力だけで穴を掘るのはとても大変でした。

    f:id:Suiten:20180403202953p:plain

    ツルハシがあるので、岩にぶつかったらこれで掘って土に穴を掘ります。

     

    f:id:Suiten:20180403203112p:plain

    慣れない穴掘り作業はとても疲れます。専用の工具が欲しいところですが高額なので頑張りました。

     

    f:id:Suiten:20180403203125p:plain

    6つ穴を掘るだけで4、5時間経過しています。天気が良いため一気に進めます。

     

    f:id:Suiten:20180403203526p:plain

    砂利を入れて水平を取ります。そして、砂利を入れながら隣の束石との高さを合わせます。何度も束石を持ち上げては、砂利を入れたり、減らしたりを繰り返しました。

    仮設置が終わって、1日目が終了。おおよそ半日くらい穴を掘っていました。今回の薪棚作りで一番苦労したのはこの穴掘り作業です。日が暮れてきたので続きは明日へ

     

    f:id:Suiten:20180403204937p:plain

    2日目になり、改めて見直すと垂直で作ったはずなのに水糸からズレています。

    もう一度、スコップで穴を掘り修正します。急がず余裕をもったためよかったと思います。

     

    セメントで基礎を作る

    f:id:Suiten:20180403205355p:plain

    束石が歪まないようにセメントで固定します。順序として砂利を入れてその上にセメントを入れることにしました。セメント1に対して砂を2という割合で作ります。

    f:id:Suiten:20180403205552p:plain

     砂利の上にセメントを入れて、その上に束石を乗せます。再び水平を測定し直して、順に進めていきます。

    専門的にはそこまで精密な水平をとらなくても、良いそうですがある程度の水平を保つように設置しました。

     

    f:id:Suiten:20180403205641p:plain

    隙間にはセメントを入れて基礎は終了です。

    f:id:Suiten:20180403205713p:plain

    各束石同士がしっかりと水平になっているか確認しながら作業を進めます。水平器は2つ以上あるほうが良いなと感じました。

     

    今回使った道具

    • スコップ
    • ツルハシ
    • バケツ
    • ツー・バイ・フォー束石
    • ツー・バイ・フォー6f
    • 水平器 2つ
    • 水糸
    • セメント材
    • 砂 
    • 砂利

     

    ここでやっと薪棚の基礎が完成しました。あとはツー・バイ・フォーをシンプソン金具でつなぐだけです。もくもくと一人で作業を行いましたが、良い春の陽を浴びて過ごすことができました。

    素人が作ったものなので、アドバイスなどがあればお願いします。

     

    続きはまた次の記事へ

    www.makitomo.net

     

     

     

     

    お題「ひとりの時間の過ごし方」