薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

薪とともに

薪ストーブライフ ガーデング  アウトドアについて書いているブログ
  • クラピアの成長記録
  • ロゴスの新作を紹介
    AirPowerを予想してみました
    岸和田だんじり祭はここがスゴい

    平昌オリンピックの聖火トーチを調べてみました

    平昌オリンピックまでもう少しですね。寒い季節となりましたが熱い熱戦が期待されます。このブログである『薪とともに』は薪ストーブのことを書いていますが、焚き火や炎に関することについても書いています。

     

    今回は平昌オリンピックの聖火トーチについて書いてみたいと思います。

     

    聖火トーチの起源は古代ギリシャのオリンピアにさかのぼります。当時古代人は、ギリシャのオリンピアで太陽にトーチに点火し、オリンピック開催地までのリレーしたそうです。この火は聖火台につけられて大会が終わるまで続けられました。

     

    近年でも、この聖火トーチはオリンピックを盛り上げるセレモニーとなっており、個人的には聖火トーチが大好きです。

     

    平昌オリンピックの聖火トーチ

    f:id:Suiten:20171208234759p:plain

    平昌オリンピックのトーチの長さは正確に700mmで、標高700メートルの平昌の標高を表しています。

     

    f:id:Suiten:20171208235600p:plain

     

    ちなみに平昌オリンピックロゴはこのようになっており、五輪を五角形の星のような形で示しています。オリンピックの季節が近づくともっと目にすることになるでしょうね。

     

     

    平昌オリンピックのトーチの白と金の色調は平壌2018年冬季オリンピック冬季リレーの主要色を反映しており、先端の5角形の形状は平昌の韓国シンボルを示しています。

     

     

    トーチの先端と統一とこのロゴの五角形は、競争、国家、宗教、性別、文化、そして5つの大陸をつなぐスポーツの精神を表現しているそうです。

     

    f:id:Suiten:20171208235106j:plain

    白とゴールドの色調はとても格式が高いようなイメージとなっており、今後予定されている東京オリンピックにおいてもどのような聖火トーチになるのか興味があります。

     

     

    詳細な画像などは見当たりませんませんが、おそらくリオオリンピックのようなガス式のトーチだと思われます。

    f:id:Suiten:20171209000243p:plain

    写真はリオオリンピックのトーチですが、最近ではガス式のトーチが多いようです。

     

    f:id:Suiten:20171209000827p:plain

    사진갤러리 | 2018 평창 동계올림픽대회 및 동계패럴림픽대회

    開催日に向けて、聖火トーチは全国を回っており、聖火ランナーが走っているそうです。

     

     

    過去のオリンピックの聖火トーチはどのようなカタチ?

     

    f:id:Suiten:20160922222726p:plain

     

    ちなみに過去の聖火トーチはこちらのサイトで確認することができます。

    www.nytimes.com

     

    過去の聖火トーチと比べると、スッキリとしたデザインであり、個性があるというよりは誰もが見ても安定した落ち着いたデザインと感じます。

     

    個人的にはリオオリンピックの聖火トーチが、かっこよく大好きですね。

     

    過去のオリンピック聖火トーチについてはこちら

    www.makitomo.net

     

    f:id:Suiten:20171205205109p:plain

    ひとまず、オリンピックが盛り上がるまでは薪の焚付にガス式ライターをトーチに見たてて盛り上がっておきます。

     

     

     

    ふるさと納税に利用できるカタログが無料でもらえるよ

    f:id:Suiten:20171207231201p:plain

    今年もあと少しで終わりですね。いつの間にか師走になっています。

    師走といえばふるさと納税の納税期限が迫っています。

     

    本日はそんなふるさと納税をする際に利用できる無料のカタログをゲットする方法について書いてみます。

     

    • ふるさと納税の期限はいつまで?
    • ふるさと納税での返礼品はどれを選ぶ?
    • ふるさとチョイスを利用したほうがいい理由
    • ふるさと納税のオトクな支払い方

     

    続きを読む

    ソト(SOTO) スライドガスマッチ ST-407を使って薪ストーブに火を点けましょう

    f:id:Suiten:20171205204024p:plain

    今回は薪ストーブに火を点けるライターを購入したので書いてみたいと思います。

    薪に火を点ける方法は、マッチかライターが多いと思います。

     

     

     

    ガスマッチとはなに?

    一般的に呼ばれているライターとは、簡単に説明すると充電式のガスが補充できるライターをガスマッチと呼ぶようです。

    いわゆる着火する際のマッチの燃焼がガス式になっているもの全般を指すようですね。

     

    f:id:Suiten:20171205210404j:plain

    ガスマッチプロⅢ | 岩谷産業

     

    f:id:Suiten:20171205205010p:plain

    以前まではチャッカマンタイプのガスマッチを使っていましたが、今回は新しくスライド式のガスマッチを購入しました。

    大きな違いは、ガスを補充できるタイプとなっています。

     

     

    ガスマッチとガストーチ

    購入前は姉妹品のガストーチと迷いましたが、燃料となる薪を燃やす必要があるのでガスマッチにしました。

    f:id:Suiten:20171205204838p:plain

    ガストーチのほうが火口が高温ですが、薪が焦げるだけで燃焼するかわからなったのでガスマッチにしました。

     

    チャッカマンタイプも同じメーカーのSOTOでした。100均に比べると燃料が多いのかなかなかガス切れになることがなかったです。

    このチャッカマンタイプはガスの補充ができなかったので、最終的には使い捨てになります。

     

    f:id:Suiten:20171205205043p:plain

    今回購入したガスマッチは、収納時には火が出る着火軸が収納されます。アウトドアでも持ち歩きに向いている工夫となっていますね。

     

     

    f:id:Suiten:20171205205057p:plain

    火口がやや短いのが気になりますが、それでもライターと比べると火口が伸びるので良いと思います。

     

     

    f:id:Suiten:20171205205109p:plain

    火の強さは強くすることができるので、焚付材に火を点けるのも簡単です。

     

    いかがでしょうか?火を点ける道具はいくつかありますが、スライドガスマッチもなかなかいいのではないでしょうか

    f:id:Suiten:20171205205126p:plain

     

     

     

     

     

     

    博多若杉牛もつ鍋セットをご紹介します

    f:id:Suiten:20171203102600p:plainこんにちわ、今回は久しぶりに通販でお取り寄せをしたのを書いてみますね。

     

    購入したのはコレ!

    博多若杉牛もつ鍋セット(2〜3人前)と追加でミックスホルモン200gです

    • 博多若杉ってどんなお店?
    • 開封の儀
      • 冷凍食品を受け取れない忙しい人はこうする!
    • 美味しいもつ鍋の作り方
    • 実際に頂く
    • 追加のミックスホルモン
    • 最後はちゃんぽん麺
    •  美味しいジビエについてこちら

     

    続きを読む

    LOG HOUSE MAGAZINE(ログハウスマガジン) 2017年3月号をレビューする

    f:id:Suiten:20171109225233p:plain

    薪ストーブの書籍をレビューする企画、第7弾は出版社 地球丸の『LOG HOUSE MAGAZINE(ログハウスマガジン) 2017年3月号』を取り上げましょう。

     

    この本は2017年3月に発刊された本になります。ログハウスマガジンは、ログハウス専門書で、隔月に発刊されています。

     

    主にログハウスについて紹介されている雑誌ですが、年に数回、薪ストーブについて特集があります。この特集ページをまとめてムック本を製作しているようですね。

     

    今まで紹介した本とは違って、薪ストーブユーザーのアンケートなどがあるので、とても興味深い本となっています。

     

     

     

    それでは薪ストーブ〜

     

    • 全体像
    • 薪ストーブ導入例
    • 薪ストーブ導入するための知識
    • 薪ストーブのカタログ
    • 薪について
    • 薪ストーブ料理について
    • 薪ストーブショップ紹介
    • その他
    •  〆

     

    続きを読む

    おいしいピザが自宅で焼ける! 薪ストーブ料理のレシピをレビューしました

    薪ストーブの書籍をレビューする企画、第6弾は出版社 地球丸の『おいしいピザが自宅で焼ける! 薪ストーブ料理のレシピをレビューしました』を紹介します。この本は2015年12月に発刊された本になります。薪ストーブ料理の専門書となっており、薪ストーブで料理をしたい人には、一冊は持っておきたい本でしょう。

     

    それでは、本日も薪ストーブ〜

     

    • おいしいピザが自宅で焼ける! 薪ストーブ料理のレシピ
    • 薪ストーブ書籍ナンバーワンの出版社 地球丸 
    • 全体像
    • 薪ストーブ導入例
      • 薪ストーブ料理に利用できる器具やパーツを紹介
        • ネスターマーティン S43 B-TOPモデル
        • 愛用ストーブ拝見 デマニンコア ドミノ
        • 愛用ストーブ拝見 バーモントキャスティングス アンコール
    • 薪ストーブ導入するための知識
    • 薪ストーブのカタログ
    • 薪について
    • 着火の方法
    • 薪ストーブショップ紹介

     

    続きを読む

    薪ストーブ大全―“炎のある暮らし”のすべてがわかる完全ガイドをレビューします

    f:id:Suiten:20171104205732p:plain

    薪ストーブの書籍をレビューする企画、第5弾は出版社 地球丸の『薪ストーブ大全―“炎のある暮らし”のすべてがわかる完全ガイド 』を紹介します。この本は2009年8月に発刊されたかなり古い本になります。薪ストーブの教科書と言ってもいいぐらいの情報量です。

    旧版としては1996年に発刊され、2012年に新版として発刊されました。目次を比べると内容は一新され充実した内容となっています。新板もすでに5年ほど経過しますが、詳しくレビューしてみますね。

     

    • 薪ストーブ大全―“炎のある暮らし”のすべてがわかる完全ガイド
      • 地球丸という出版社
    • 全体像
    • 薪ストーブ導入例
    • 薪ストーブ導入するための知識
    • 薪ストーブのカタログ
    • 薪について
    • 着火の方法
    • 薪ストーブ料理について
    • 薪ストーブショップ紹介
    • その他

     

    続きを読む