読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブとふるさと納税について綴っているブログです

猪肉を焼いてみた 焼猪を食した感想レポート

先日、猪肉のしゃぶしゃぶをレポートしました。今回はあまった猪肉を焼肉で頂きます。焼豚ならぬ焼猪ということになります。

 

f:id:Suiten:20170111172708p:plain

本日の目次

 

 

しゃぶしゃぶの記事はこちらから


猪肉の食べ方

 猪肉といえば通常はぼたん鍋が有名ですね。

 

f:id:Suiten:20170111150549p:plain

通常、ぼたん鍋では味噌や醤油で割り下を使用しますがこれは獣臭さを消すための調理法になります。

 

f:id:Suiten:20170108091656p:plain

前回の記事でも触れましたが、メスで子どもを産んでいない猪ならば素焼きでも食べることが可能になります。臭みはあまりありません。全く無いかというとそうでもないですが、気になるほどではありません。

猪肉には変に味を追加する必要はありません。しゃぶしゃぶや焼肉でも十分美味いのです。

 

 

猪肉の調理開始

 

f:id:Suiten:20170111154138p:plain

前回の残っていた猪肉を炒めます。冷凍しておいたので自然解凍で準備をします。

下準備は・・・・これだけ!

 

猪の脂身はどんな味かな 

豚のバラをフライパンで焼くと脂が染み出し、フライパンの底は脂まみれになります。

猪の脂は焼いてもそこまで溶け出しません。つまり、熱による液化の温度が異なるということです。食べてみても脂っこい感じは豚より少ない感じがします。このため、焼肉にしても次々と食べることができます。

f:id:Suiten:20170111154949p:plain

解凍された猪肉を塩コショウだけで炒めます。豚と違ってあまり脂が染み出さない印象ですね。フライパンが脂でベタベタになることはありませんでした。

 

最後は盛り付け

f:id:Suiten:20170111155240p:plain

お皿に盛り付けます。塩コショウのみなのであまり変化がありませんね。

味は脂身といいうよりタンパク質を食べているという感じで、旨味はとても強く感じます。歯ごたえは豚に近い感じです。 

 

 

〆は猪丼にしました

f:id:Suiten:20170111155418p:plain

おかわりは豚丼ならぬ猪丼にしました。味付けは塩コショウだけですが、何杯でもイケル!

 

f:id:Suiten:20170111155439p:plain

味変をするためになめこだけを入れてみました。入れなくても美味しいけどねー

 

 

 あまり食べる機会が少ない猪肉ですが、牛肉や豚肉とは違って旨味が強いと感じます。

機会があればご賞味あれ

 

 

過去の猪肉の記事はこちら