薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

ふるさと納税 奥丹波を頂きました

こんにちわ、こんばんわ suitenです。今回は久しぶりにふるさと納税について書きたいと思います。

今回はお酒を頂きました。

 

本日の目次

 

 

f:id:Suiten:20161201001059p:plain

お世話になっている方に大好きなお酒をふるさと納税で注文して、プレゼントしました。

 

丹波 純米大吟醸について

f:id:Suiten:20161201001354p:plain

丹波 純米大吟醸 1800ml

9,720円(内税)

こちらのお酒は正当純血種の兵庫山田錦100%で仕込まれています。日本酒の枠を超えた華やかな味わいの珠玉の純米大吟醸

 

還元率は50%でしたので、普通かなという感じです。

 

兵庫県 山名酒造について 

ホームページには、酒造の様子が公開されています 

f:id:Suiten:20161201002320p:plain

こちらの創業は古く、江戸亨保元年ということです。

 

f:id:Suiten:20161201002343p:plain

酒造の朝は早いです。4時には仕事開始

 

f:id:Suiten:20161201002434p:plain

地元の山田錦を中心に日本酒を製造します。

 

f:id:Suiten:20161201002444p:plain

今も昔も手作業が一番です。効率ではなく味を追求しています

 

f:id:Suiten:20161201002451p:plain

蒸らし作業でしょうか

 

f:id:Suiten:20161201002459p:plain

f:id:Suiten:20161201002508p:plain

瓶詰めも手作業です。

f:id:Suiten:20161201002513p:plain

f:id:Suiten:20161201002521p:plain

数ヶ月の月日をかけて素晴らしい日本酒は作られます。

 

 


奥丹波 -冬- 仕込風景

山名酒造の創業は江戸享保元年(1716年)と伝わります。
現当主が11代目。
京都の北西部、奥丹波の地で古来伝わる手造りの純米酒を醸し続けています。

 

丹波市市島町で製造されます。冬は厳しい寒さがある地域です。

 

 

ふるさと納税で届いたよ!

f:id:Suiten:20161201000754p:plain

依頼して、約1ヶ月後に届きました。実は9月くらいに届いていました。

 

 

開封の儀を一気に!

f:id:Suiten:20161201003706p:plain

もちろん栓は開けてはいません。飲みたい衝動がありましたが・・・

 

f:id:Suiten:20161201003723p:plain

ラベルも上品です。

 

f:id:Suiten:20161201003644p:plain

説明書も入っていました。

 

 

〆 後日飲んでみました

写真はないのですが、実はプレゼントした方と一晩で一緒に飲み干しました。

辛い感じはなくまったりとしていますが、飲み味はスッキリしています。

魚ととても相性があり、飲むと酔うのですが何杯でも飲めるお酒でした。

是非!