薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

薪とともに

薪ストーブライフ ガーデング  アウトドアについて書いているブログ
  • クラピアの成長記録
  • ロゴスの新作を紹介
    AirPowerを予想してみました
    岸和田だんじり祭はここがスゴい

    冬キャンパーに流行する(と思う) アネヴェイのテント内の薪ストーブ

    f:id:Suiten:20170214122037p:plain

     

    キャンプではキャンプファイヤー(焚き火)が流行ってきていると先日記事にしました。

     

    その次に流行るのはコレだ!

    f:id:Suiten:20161014203338p:plain

    キャンプで薪ストーブです!それがアネヴェイ(Anevay)の薪ストーブですよ!

     

     

    本日の目次

     

    冬キャンプについて

    なぜキャンプをするのかと問うと、自然のなかに出て行き、食事をすると普段の便利さや四季折々の季節を実感するからではないでしょうか。

    テクノロジーを捨てて、非日常を楽しむのがアウトドアの楽しみです。

     

    キャンプといえばのイメージがあるようですが、実はキャンプは狙い目なんです。その理由といえば      

     

    • 虫があまりいない
    • 人も少ない、貸し切り状態になることもある
    • 空気が凛としている
    • 空気が澄んでいる星が綺麗
    • 朝の空気感が気持ち良し
    • 寒いので暖かい料理がウマシ

      

    Embed from Getty Images

     

    このように、自然との共有感はハンパないと思います。

    夜に鍋パーティしてから焚き火なんてするとすごい盛り上がりますよ!

     

    ぜひ、冬キャンプをしてみてください。

     

    このようなことを考えるとワクワクしますよね! 

     

    でも、冬にキャンプをするのには、きっとこんな悩みが多いですよね

     

     

     

    寒い!

     

     

    この一言に尽きます。

     

    なんで寒いのに屋外に行くのだと・・・・

    そんなあなたにピッタリなのがこれです。

     

    f:id:Suiten:20161006002432p:plain

     テントに煙突をつけてしまいましょう。

     

     ANEVAY The Frontier Stove


    Anevay | The Frontier

    大きさもコンパクトで持ち運びが可能な薪ストーブがあります。値段もそれなりに低価格なので冬キャンパーにオススメです。

     

    焚き火もいいのですが、テント内に薪ストーブがあるなんてもっと素敵ですね!

     

     

    The Frontier Stoveの準備

     ここからは、どのようにテント内に薪ストーブを設置するのかをみてみましょう。 

     

     商品詳細

    サイズ
    [組み立て時]
    ・高さ 2410mm(付属の煙突5本全て装着時 本数をかえれば高さは調整できます)
    ・長さ 835mm
    ・幅 550mm
    ・煙突径 60mm
    ・煙突の1本あたりの長さ 410mm
    ・間口ドア径 155mm
    ・本体上部間口 140mm
    ・重量 約12kg

    収納時
    ・高さ 270mm
    ・長さ 450mm
    ・幅 250mm

     最近はロケットストーブも流行ってきていますが、こちらのポータブル薪ストーブは持ち運びに便利な大きさです。まさにミニ薪ストーブという感じがします。

    重さが12kgというところが、少し重いような感じがします。

    耐熱性を考えるとこれぐらいは必要でしょうか。

     

     

    本体の中に煙突が収納されているので、かさばりません。

     

    テント内でストーブをすると一酸化炭素中毒になってしまうので危険です。必ず煙突穴を開けましょう。

     

    煙突を延伸して組み立てます。最後は薪を入れて燃やしましょう。煙突は4mほどです。

     

     自然のなかに煙突がある風景、素敵!

     

      こちらのものはここ(日本)で買えます。

     https://www.west-shop.co.jp/web/item.asp?id=130501

     

     

    NEW Traveller Stove Box Bundle

    こちらのモデル最新式にものになります。価格545ユーロです。約6万円、これは海外から購入することに

     

    ボックスに入っており、こちらも持ち運びしやすいようになっています。

    隙間なくすっぽりと収納されています。しかし、重さは約15kgぐらい

    羽という棚が付いており、お湯を沸かしながら他のお皿なども保温もできるようになっています。

    煙突は4本で2mになります。

     

     

    f:id:Suiten:20161006210350p:plain

     色違いも有り、こんな感じで屋内に設置してもオシャレですね。

     

    薪ストーブとアウトドアが好きなので、このような商品に出会いました。

    小さな小屋だとこのようなポータブル薪ストーブで十分かもしれないですね。

     

     

     

     

     

     こんな記事もあります