薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

薪とともに

薪ストーブライフ ガーデング  アウトドアについて書いているブログ
  • クラピアの成長記録
  • ロゴスの新作を紹介
    AirPowerを予想してみました
    岸和田だんじり祭はここがスゴい

    炎はコミュニケーションとArtを繋ぐ バーニングマンについて

    昨日は、薪拾いの知識とキャンプで使える焚火台 in 2016 その1という記事を書きました。人々を魅了する炎は、一度しか再現性のない炎の形が魅力的に見えるのではないでしょうか。

    Artと炎 (Burning Man)95598535_e4c4d53f1a_zPhoto By Aaron Logan

     

    suite.hatenablog.com

      

    本日の目次

     

    焔は歴史とコミュニケーションを作る

     人は昔から焔(ほのお)とともに暮らしてきました。ある時は生活のため、ある時は祭事など特別な時間と空間を作るため、人類の歴史は炎とともに歩んできたことだと言っても過言ではないと思います。

     家庭では囲炉裏(いろり)を囲んだ団欒(だんらん)がありました。炎を囲んでコミュニケーションを計り家族やチームの結束が強くなったと考えられます。

    アウトドアにおける火遊びは焚火台を使います。家庭では薪ストーブが人気となってきています。どちらにせよ焔を通して人が人との繋がりを求めているのかもしれません。

     

     

     

    まずは以下の動画を見てください。 

    炎が人々を魅了する様子が伺えますね。炎はズバリ人の心を奪うのです。

     

    アメリカではこのようなイベントがあります。

    バーニング・マン(Burning Man)は、アメリカ合衆国で開催される大規模なイベントである。

    1986年、サンフランシスコのビーチでラリー・ハーヴィとその友人達が木製の人形を燃やしたのがきっかけといわれています。もともとはアンダーグランドなクローズなイベントであったバーニングマンですが、毎年恒例となり徐々に知られるようになりました。現在では海外で大きなフェスの一つとして数えられるまで成長しました。

    f:id:Suiten:20160921222405p:plain

    シンボルとなるThe Man、最終的には燃やされてしまう

    美しいバーニングマンの様子はこちらから

     

    イベントは砂漠の真ん中にそのイベントの時だけ作りあげられる街が発生します。

    f:id:Suiten:20160921222454p:plain

    そこにはアート作品とそれらを支える人たちが数日間の共同生活を営みます。最終的にはイベントのシンボルとなるバーニングマンを燃やすというイベントです。f:id:Suiten:20160921222514p:plain

    普段は何もない砂漠にArtのオブジェクトがあったり、クラブイベントも行われる。

    f:id:Suiten:20160921222538p:plain

    携帯電話やテレビはつながっていません。もともとはヒッピーの集まりだったイベントだったからでしょうか。移動手段は主に自転車になります。

    Shipwreck on the playa - Burning Man 2012

     https://www.flickr.com/photos/hawaiisavvy/albums/72157631408962818

     

    公式サイトは以下 

    burningman.org


     

    バーニングマンのイベントを知ったのはもう10年以上前になります。いつかは参加したいと思っています。その頃から炎に魅了されていたのでしょうね。

     

    最後まで読んでくれてありがとうございます。

     

     

    suite.hatenablog.com