薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

薪とともに

薪ストーブライフ ガーデング  アウトドアについて書いているブログ
  • クラピアの成長記録
  • ロゴスの新作を紹介
    AirPowerを予想してみました
    岸和田だんじり祭はここがスゴい

    薪ストーブを設置する前に考えること その2

     

    薪ストーブを購入する前に必ず考えておきたいことは、燃料となる薪の置き場です。

     

    薪ストーブを楽しむことは決して楽なもんではありません。

    むしろアナログチックな手間のかかる子どもだと思って下さい。今回は手間だけではなく場所の問題デス。!!!∑(゚ロ゚!(゚ペ?)???

    f:id:Suiten:20160906175845p:plain

    たとえば、一冬分の暖房費を薪ストーブで置き換えるとすると、とても沢山の薪が必要となります。薪の種類にもよりますが、とにかく保管するスペースが必要となります。

    薪ストーブのカタログには書いていませんが、とにかく、スペースがないといろいろ問題が生じますよ ...ヽ( ´_つ`)ノ 

     

     

    灯油ストーブや電気エアコンとは違って、快適に過ごすためにはそれを保管する場所が必要です。エネルギーとなる電気は電気会社から送られてきますが、薪ストーブのエネルギーは薪そのものになります。この薪エネルギー?を保管するためにはそれなりの広さが必要となります。

    具体的にいうと、下の薪棚であれば3棚は必要かなと思います。使い方にもよりますけど・・・ 

     

    f:id:Suiten:20160906182623j:plain

    この写真は簡単に薪棚を作る商品ですが、これの3棚分は一冬には必要です。週末しか焚かないよっていう使い方ならそんなに必要ないかと思いますが、これくらい必要。

     

     

    保管する薪は半年から一年の乾燥は必須です。

    木を切ってきて、燃やすだけと木は燃えません。皆さんも生木を燃やして目が痛くなったり、あまり燃えない経験はありませんか?

     

    それは木が保有している水分が燃焼を妨げています。実際に、未乾燥の薪を燃やすとすごい勢いで水分が放出されており、シューって音がしています。

    このため、薪ストーブの薪は十分な乾燥が必須となります。

     

    薪が乾燥していなければならないことはわかりました。

     

    しかし、今年燃やす薪、来年に燃やす薪など長いスパンで保管場所を決めておかないと、むちゃくちゃになってしまいます。

     

     

    薪を置いておける場所にも注意が必要です。 

    薪にはいつもではありませんが、虫がついてきます。特に切り出してきた直後ではアリ・シロアリ・その他の虫とかがついてきます。放っておけばどこかに行くものなのですが、隣近所と距離が近すぎるとこの関係ない虫のためにご近所トラブルになってしまうかもしれません。

     (調べればわかりますが、アリやシロアリには女王アリがいます。逆にこれがいない場合は繁殖できません。可哀想ですがその子供達アリは死滅していきます。)

     

    乾燥済みの薪を購入するのならば、必要な時だけ、必要な量だけを購入するば良いじゃないかと思いますが、経済的にはかなり負担が大きくなると思います。

     

     

    +++++++++++ということで+++++++++++++++++ 

     

    薪ストーブの焚き方をしっかりイメージしないと、宝の持ち腐れになることがあります。

      薪ストーブは買った!設置した!しかし、薪が置けないということにならないように注意しましょう。

     

     

    薪ストーブを設置する前の人には、この記事が

     

    suite.hatenablog.com