薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

電動式 薪割り機を修理するために分解してみました。

こんにちわ、こんばんわSuitenです。

 

今日は電動薪割り機の修理をするために、分解の様子を書いてみたいと思います。

f:id:Suiten:20170708081226p:plain

ほとんどの電動薪割り機と同じような形をしているので、構造は同じでしょうから参考になればと思います。

 

 

 

現在、まだ修理が完了していないので本当に直るのかドキドキです。(ムリかも・・) 

ちなみに、私のDIYスキルは完全なド素人です。

 

 

 

 

分解する電動薪割り機の紹介

薪割り機 KEW-550J プロギア電気油圧式薪割機 キンボシ

f:id:Suiten:20170602213838p:plain

 

私のブログの初めての記事は、この薪割り機の紹介記事でした。 

f:id:Suiten:20170708005201p:plain

薪割り機 KEW-550J プロギア電気油圧式薪割機 キンボシ - 薪とともに

7トンの破壊力を持っている点と、脚でピストンラムが動き出す点がポイントです。

現在では販売されていない様子です。

 

 薪割り機はすでに三年目で、中古品を頂いたものなので経年劣化が進んできています。

f:id:Suiten:20170708005232p:plain

ピストンラムから油が漏れてきており、深刻な状況ではないですが馬力が減ってきたかなと感じています。

 

f:id:Suiten:20170602213238p:plain

今でも直径が20センチではまだまだ余裕です。

 

f:id:Suiten:20170708010516p:plain

我が家の薪割りは、この電動薪割り機が主力です。今年の薪割りも一段落になったのでいよいよ薪割り機のメンテナンスをしたいと思います。

 

 

タイヤを外す

まずは付属品を外します。この薪割り機にはタイヤがついています。また脚で油圧ポンプのコックを開けれるようになっています。

f:id:Suiten:20170708005136p:plain

外したものがこちら

f:id:Suiten:20170708004651p:plain

 この脚で薪割り機のシリンダーが動くのですが、この脚でできることが薪割りの効率を高めるので、購入を考えている人はできるだけこのタイプをオススメします。

 

右側は、本体の上に木を乗せても左右に落ちないようになっている部品です。

f:id:Suiten:20170708011334p:plain

 木を支える面積を稼いでいます。脚で可動するタイミングをオンオフできるので、両手が空きます。

つまり、支えられる手が増えるということです。ココがポイントです。

薪割り機を使っていても、けっこう体力を使うので、このようなフットスイッチがあるとないとでは疲れが全然違います。

 

 

まずは油抜きから開始する 

f:id:Suiten:20170708004610p:plain

左下部分にはエアーブリードスクリューがあります。ここを開けると中の陰圧は開放されます。

その後、シリンダーが出ている下部のオイルゲージを抜くとオイルを出すことができます。 

 

オイルは3〜4リットルが本体(オレンジ部)の中に入っています。 

f:id:Suiten:20170708005318p:plain

捨てる際にはポイパックなどを利用して、自治体の指示に従って下さい。 

写真を取れませんでしたが、廃油は濁っていて、かなりダストがある感じでした。

 

本体を解体する

バルブボディの観察

 

いよいよ薪割り機の本体を分解します。

オレンジ部が本体で、その中にシリンダーが内蔵されています。

f:id:Suiten:20170708004714p:plain

本体後面バルブボディは鋳物で作られており、4つのボルトを外します。

このボルトが本体とバルブボディと連結しています。ちなみに、ワッシャーの下には黒いゴム素材がありました。

 

分解した全体図

分解した全体図がこちらです。

f:id:Suiten:20170708004825p:plain

パーツは大きくシリンダー部と、シリンダーを格納する本体部、モーター部と分けられます。

 

バルブボディ部を観察する

単相モータと連結している部分になります。この部分が電動式薪割り機の心臓部にあたります。

 

f:id:Suiten:20170708004800p:plain

さっと掃除した後です。

鋳物部(バルブボディ部)は中に穴があいており、単相モーターから圧がかかったオイルを押し出す穴があいているのが確認できます。

 

この圧がシリンダー内にある、ピストンラムを押し出す力になるようです。 

 

本体内部の観察

本体はとても重く、強い圧力に耐えるために重く、強いです。オイルを入れると総重量は50キロになります。本体だけでも20キロぐらいあると思います。

f:id:Suiten:20170708004737p:plain

 シリンダーを外した、本体の中を覗くと劣化したゴムのような素材が確認できます。

このゴムみたいなものはナニでしょうか?

 

 

 

シリンダー本体を観察する

 シリンダー本体は鞘のようになっており、中にはピストンラムが格納されています。

f:id:Suiten:20170708004842p:plain

 この写真では、シリンダーとシリンダーカバーはまだ分解していません。

 

f:id:Suiten:20170708004926p:plain

ピストンラムにはスプリングが取り付けられており、ピストン後に自動で戻るのはこのスプリングのおかげであることがわかりました。

 

シリンダーとシリンダカバーは外れるようなのですが、しっかりとハマっています。

簡単には外れそうにはありません。この部分を分解しないとオイルシールが交換できないのですが、どうしましょうか・・・

 

 

 

梅雨の真っ只中で行ったのでこの時点で熱中症になってしまいました。

このため、その日はここで断念しました。まぁ2日かかったんですけど。

 

続きはいつになるのでしょうか?また書きますね。

 

 

 

www.makitomo.net

www.makitomo.net

 

 

お題「愛用しているもの」