薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

薪とともに

薪ストーブライフ ガーデング  アウトドアについて書いているブログ
  • クラピアの成長記録
  • ロゴスの新作を紹介
    AirPowerを予想してみました
    岸和田だんじり祭はここがスゴい

    平昌オリンピックの聖火トーチを調べてみました

    平昌オリンピックまでもう少しですね。寒い季節となりましたが熱い熱戦が期待されます。このブログである『薪とともに』は薪ストーブのことを書いていますが、焚き火や炎に関することについても書いています。

     

    今回は平昌オリンピックの聖火トーチについて書いてみたいと思います。

     

    聖火トーチの起源は古代ギリシャのオリンピアにさかのぼります。当時古代人は、ギリシャのオリンピアで太陽にトーチに点火し、オリンピック開催地までのリレーしたそうです。この火は聖火台につけられて大会が終わるまで続けられました。

     

    近年でも、この聖火トーチはオリンピックを盛り上げるセレモニーとなっており、個人的には聖火トーチが大好きです。

     

    平昌オリンピックの聖火トーチ

    f:id:Suiten:20171208234759p:plain

    平昌オリンピックのトーチの長さは正確に700mmで、標高700メートルの平昌の標高を表しています。

     

    f:id:Suiten:20171208235600p:plain

     

    ちなみに平昌オリンピックロゴはこのようになっており、五輪を五角形の星のような形で示しています。オリンピックの季節が近づくともっと目にすることになるでしょうね。

     

     

    平昌オリンピックのトーチの白と金の色調は平壌2018年冬季オリンピック冬季リレーの主要色を反映しており、先端の5角形の形状は平昌の韓国シンボルを示しています。

     

     

    トーチの先端と統一とこのロゴの五角形は、競争、国家、宗教、性別、文化、そして5つの大陸をつなぐスポーツの精神を表現しているそうです。

     

    f:id:Suiten:20171208235106j:plain

    白とゴールドの色調はとても格式が高いようなイメージとなっており、今後予定されている東京オリンピックにおいてもどのような聖火トーチになるのか興味があります。

     

     

    詳細な画像などは見当たりませんませんが、おそらくリオオリンピックのようなガス式のトーチだと思われます。

    f:id:Suiten:20171209000243p:plain

    写真はリオオリンピックのトーチですが、最近ではガス式のトーチが多いようです。

     

    f:id:Suiten:20171209000827p:plain

    사진갤러리 | 2018 평창 동계올림픽대회 및 동계패럴림픽대회

    開催日に向けて、聖火トーチは全国を回っており、聖火ランナーが走っているそうです。

     

     

    過去のオリンピックの聖火トーチはどのようなカタチ?

     

    f:id:Suiten:20160922222726p:plain

     

    ちなみに過去の聖火トーチはこちらのサイトで確認することができます。

    www.nytimes.com

     

    過去の聖火トーチと比べると、スッキリとしたデザインであり、個性があるというよりは誰もが見ても安定した落ち着いたデザインと感じます。

     

    個人的にはリオオリンピックの聖火トーチが、かっこよく大好きですね。

     

    過去のオリンピック聖火トーチについてはこちら

    www.makitomo.net

     

    f:id:Suiten:20171205205109p:plain

    ひとまず、オリンピックが盛り上がるまでは薪の焚付にガス式ライターをトーチに見たてて盛り上がっておきます。