薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

薪とともに

薪ストーブライフ ガーデング  アウトドアについて書いているブログ
  • クラピアの成長記録
  • ロゴスの新作を紹介
    AirPowerを予想してみました
    岸和田だんじり祭はここがスゴい

    FIELDOOR ワイルドマルチキャリーロングのカゴサイズや重さに注目してみました

    f:id:Suiten:20170928131547p:plain

    駐車場からキャンプサイトまで距離がある場合や、設営場所までの道のりが長い場合にはアウトドアワゴン(アウトドアキャリー)が必要となってきます。

    アウトドア用のキャリーがあれば、アウトドアグッズを一気に移動させることができます。

    今回はFIELDOOR ワイルドマルチキャリーロングの使用サイズや容量、積載重量・耐荷重、本体の重量と収納サイズについて書いてみますね。

     

     

    FIELDOOR ワイルドマルチキャリー ロングについて

    f:id:Suiten:20170928122505p:plain

    FIELDOORのワイルドマルチキャリーは、2017年7月30日にロングタイプが発売されました。

    このロングタイプはカゴサイズの最大は(約)長さ98cm×奥行54cm×深さ30cmで、長さが20センチほど長くなりました

    底には極厚5mmのファイバーボードを採用されているため、積載重量も30kgもアップしました。

    f:id:Suiten:20170928130812p:plain

     オススメアウトドアショップ

     

     

     

    このため、長物も入れやすく、重い物を入れても簡単に移動させることができます。

     

     

     

     

    ホームページでは詳細なデータが示されています。

    fieldoor.com

     

    どれだけ積むことができるのか 

    アウトドアワゴンは、年に数回しかキャンプに行かないとしても、一台で良いので持っておきたいものです。

     実際にワイルドマルチキャリーロングタイプを使ってみると沢山の荷物を積んでも、フレームがヨレたり無理があるような感じはしませんでした。f:id:Suiten:20170928130523p:plain

     

     

     

    耐重量について

    f:id:Suiten:20170926222433p:plain

    写真では igloo(イグルー) クーラーボックス MARINE ULTRA マリーンウルトラ 54と、イオンの買い物かご、「マイバスケット」がすっぽりと入っています。

     

    クーラーボックスには、大量の飲み物と食材、氷がぎっしりと入っており長距離持ち運ぶことを考えるとアウトドアワゴンがあるとないとでは全然違います。底には極厚5mmのファイバーボードがあることから、重さに十分耐えることができていましたよ。

     

    アウトドアワゴンの中では最大積載量は150kgと最大級の重さを積むことができます。

     

    しかし、坂道などを考えると重すぎると力をとても必要とします。坂道になると重く感じますが、後ろから押してもらうと大丈夫でした。

     

     

     

     

     

     

    ロングになった長さについて

    f:id:Suiten:20170928170406p:plain

     

    ワイルドマルチキャリーロングタイプの一番の特徴は、全長が98センチで、とても長い点になります。

     

    クーラーボックスの全長は64センチ、イオンの買い物かごは全長33センチがスッキリと入っています。全長が98センチということからピッタリとフィットしました。

    一回の移動で沢山の荷物が移動することできるようになりますね。

     

     

    中に入っているカゴについて

    f:id:Suiten:20170926222410p:plain

    クーラーボックスの奥に ロゴス リクライナーチェアーを4脚を立てかけても、カゴ自体にヨレなどは見当たりません。

    カゴの端には生地がヨレないようにワンタッチ式のテープアジャスターバックルがあるため、カゴにの縁がしっかりと張る構造になっています。

    また汚れたら、このカゴは外して洗うことができるようです。

      

     

     

    収納時に邪魔になる

    本体が大きいため収納時も大きくなります。ワイルドマルチキャリーはワゴンの中にある紐を引っ張るとコンパクトに畳むことができます。  

    f:id:Suiten:20170926222518p:plain

     しかし、タイヤ自体は小さくなりませんし、重さも13キロもあるので普通車での積み込みや収納時にはやはり気になります。

     

    f:id:Suiten:20170926222946p:plainf:id:Suiten:20170928130854p:plain

    コールマンでは収納カバンが付いていたりさらにコンパクトに収納できるように設計されていますね。

     ロングになったがゆえのデメリットだと言えそうですね。

     

     

     

     

     

    ワイルドマルチキャリーはアウトドアワゴンの中でも一番大きいのが特徴です。大は小を兼ねるという言葉がありますが、カップルやシングルキャンプの場合は大きすぎるかもしれません。

    しかし、ファミリーでキャンプに行く際にはとても心強いと思います。