薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

薪とともに

薪ストーブライフ ガーデング  アウトドアについて書いているブログ
  • 無垢材の床に蜜蝋ワックスを塗ってみた
    クラピアの成長記録
    ジビエや狩猟に興味がある人が見るべき動画 カリギュラです
    ロゴスの新作を紹介
    岸和田だんじり祭はここがスゴい
    薪ストーブライフの薪割りに必要な道具一覧 初心者は必見
    クラピアを植えたその後の記録をまとめてみた

    自宅で作れる牛乳パックを使ったブロック氷の作り方

    f:id:Suiten:20180318004844p:plain

    そろそろ春めいてきて暖かくなってきましたね。そろそろ、アウトドアシーズンがやってきます。今回はブロック氷の作り方を紹介します。

    f:id:Suiten:20180318004154p:plain

    igloo(イグルー) クーラーボックス マリーンウルトラ 54を紹介します - 薪とともに

     

    アウトドアではクーラーボックスが必需品ですよね。クーラーボックス内を冷やさないと食材は傷んでしまいます。保冷剤は荷物になりますので今回はブロック氷を作ってみました。

     

    方法は簡単です。お家で余っている牛乳パックに水を入れるだけです。

     

    ブロック氷の作り方

    f:id:Suiten:20180318002237p:plain

    余っている牛乳パックに水を入れるだけです。水を入れてパックの開け口にクリップなどで止めておきましょう。これを冷凍庫に入れるだけです。簡単ですね。

    だいたい、2日ぐらいでしっかりとした氷が出来上がります。

     

    開封してみましょう

    f:id:Suiten:20180318002311p:plain

    牛乳パックの開け口を開いてみます。中には氷が入っています。牛乳パックの中はツルツルしているので、氷が一気に出てしまいますので注意しましょう。

     

     

    f:id:Suiten:20180318002341p:plain

    ごろんと氷を出してみました。約1リットルの水が凍っているのでそれなりに重いです。

    牛乳パックは着火剤としても使えるので、バーベキューに持っていっても良いでしょう。

    炭に着火するコツは新聞紙より牛乳パック!ポイントをご紹介します | 情報の宅急便

     

    f:id:Suiten:20180318002407p:plain

    最近増えてきた開け口がキャップになっているタイプでも作ってみました。

    こちらは開け口が硬く、ハサミなどで切ってあげないと氷がでません。

     

    メリットとしては、キャップ付きの場合は、横にしても溶け出した水がクーラーボックス内で漏れることがないでしょう。でも、刃物がないと簡単に分解できないと思います。

    また、キャップはリサイクルとして持ち帰りが必要でしょうね。

     

    まとめ

    f:id:Suiten:20180318002441p:plain

    牛乳パック4つ分のブロック氷ができました。これだけあれば、クーラーボックスの中はしっかりと冷蔵を保つことができました。