薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

薪とともに

薪ストーブライフ ガーデング  アウトドアについて書いているブログ
  • 無垢材の床に蜜蝋ワックスを塗ってみた
    クラピアの成長記録
    ジビエや狩猟に興味がある人が見るべき動画 カリギュラです
    ロゴスの新作を紹介
    岸和田だんじり祭はここがスゴい
    薪ストーブライフの薪割りに必要な道具一覧 初心者は必見
    クラピアを植えたその後の記録をまとめてみた

    クラピアを植える時期は梅雨の時期が一番最適でしょう

    f:id:Suiten:20180518205837p:plain

    こんにちわ、今回はクラピアを購入する時期がいつが適しているか書いてみたいと思います。

     

    まず、公式のホームページでは4月から9月が植栽適期となっています。

    f:id:Suiten:20180518205145p:plain

    これはクラピアの生育するための温度から見た点では4月から気温があがってくることから春〜夏となっているようですね。

     

    冬のように気温が低い状態だとクラピアは成長はなく、枯れたような感じになっています。つまり、気温が低い期間では、冬眠したようになり植えても成長が見込めないということですね。

     

    公式ホームページでは、この植栽適期以外での販売を停止しているのはこの理由でしょうね。

     

     

    f:id:Suiten:20180518210437p:plain

    また、日光が少ない北向きの土壌では南向きと比べると生育速度は遅いです。写真は気温が20度を越えた時期ですが、日照時間が短い建物の影になっている北側の写真です。

     

    つまり、方角や日照時間が短いところへの植え付けは、5月以降のほうがよいでしょう。

     

    日照時間が短い場所に、クラピアを植えてもなかなか成長しなかったですが、梅雨の時期を越えたことからぐんぐんと伸びていくように感じました。

     

     

     

     

    成長のカギは気温と水

    個人的にはクラピアが植えた土壌に定着するためには、水の管理が大事と感じます。

    ですので、クラピアを購入する時期や、増やす時期には梅雨の時期が一番良いと感じます。

     

    なぜならば、梅雨は雨が多く土壌に水をたくさん含むことになるからです。

    これによって適した気温と十分な水を含んだ土壌によってクラピアはぐんぐん育つでしょう。

     

    もちろん、7月や8月でも、クラピアを植えることでもしっかりと水をあげていれば問題なく定着するようですが、2日も水をあげるのを忘れると、クラピアは干上がってしまうことがあります。

     

    梅雨以降の時期に、クラピアを植える時や、増やす時は定着するまでしっかりと水やりをわすれないようにするとよいでしょう。 

     

     

    f:id:Suiten:20180518210808p:plain

    結論!クラピアの購入を考えている人は今が購入に適した時期ということでしょう。