薪とともに

このブログはアウトドア大好き!薪ストーブを愛するすいてが、薪ストーブに関する記事や、裸足であるけるクラピア、納税したふるさと納税の御礼品について書いてみたり、買ってよかったと思う商品などを綴っているブログです。

薪とともに

薪ストーブライフ ガーデング  アウトドアについて書いているブログ
  • 無垢材の床に蜜蝋ワックスを塗ってみた
    クラピアの成長記録
    ジビエや狩猟に興味がある人が見るべき動画 カリギュラです
    ロゴスの新作を紹介
    岸和田だんじり祭はここがスゴい
    薪ストーブライフの薪割りに必要な道具一覧 初心者は必見
    クラピアを植えたその後の記録をまとめてみた

    細いと思っていたクラピアの茎はかなり太くなることが判明しました

    f:id:Suiten:20180524164611p:plain

     

    梅雨前になり、かなりクラピアは成長してきました。クラピアは小さな葉と花を咲かせる可愛い花のイメージがあります。

    今回はクラピアの茎がどれくらい太くなるかを書いてみたいと思います。

     

     

    きっかけは偶然 

    たまたま、庭を改造するため生えているクラピアを一部、抜く必要がありました。そこですごい太い根があったので雑草の根かなぁと感じて一気に抜ききってみました。

    f:id:Suiten:20180524160445p:plain

    それでその根っこの先には小さな葉のクラピアがついているではないですか?

     

    これにはとてもびっくりして、クラピアはグランドカバーの植物なので小さな茎がランナーとして匍匐していくのだと思っていたのですが、茎は徐々に太い茎になっていくようです。

    f:id:Suiten:20180524161214p:plain

    地表に見えているクラピアの茎は細くてしなやかです。指で持つとしなっとした感じでとても柔らかいです。直径はおおよそ1〜2mmの太さとなっています。

     

    これがどんどん匍匐してグランドカバーとして広がっていくのだと思っていました。

     

    f:id:Suiten:20180524160633p:plain

    今回掘り起こしたクラピアの茎は直径が9mmとかなり太いです。いままでクラピアを観察してきましたがかなり太い部類にはいるようです。

    茎の硬さはまるでゴボウのような感じで、手で簡単に曲げることはできますが、地表に見えているかわいい感じではないです。 

     

    なんにせよ、この茎の上には、覆いかぶさるようにクラピアが生えているので、普段は目にすることがなく、踏んでも硬さを感じることはないでしょう。 

     

    偶然に発見することが出来たクラピアの意外な一面を見ることができました。